Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

An Interview With La Casa Al Mare

Blog

A Global Noise Magazine

An Interview With La Casa Al Mare

Matthew Bedford

Italian shoegaze trio La Casa Al Mare made waves this year with their This Astro EP.  The album was released in May and soon thereafter received a Japanese release via Tokyo-based label HANDS AND MOMENT.  The folks at the label had a sitdown with Alessio, Marco, and Paolo to discuss the band, the EP, and more.

イタリアの3人組シューゲイザーバンドLa Casa Al Mareは今年にリリースされた「This Astro EP」を通じて世界で注目を浴びました。5月にリリースされ、すぐ東京のレーベルHANDS AND MOMENTより日本でもリリースされましたHANDS AND MOMENTさんはLa Casa Al MareのメンバーAlessio、Marco、Paoloにバンドの歴史、EP等色々についてインタビューをしました。日本語のインタビューは以下です。

  • When was the band formed?

Alessio: In 2012

Marco: It was a beautiful sunny day 

Paolo: I joined Marco and Alessio a couple of years ago, when I was still playing guitars in Sea Dweller

 

  • How did you all meet?

Alessio: by going at each other’s band gigs

Marco: I met Alessio because we used to play in the same rehearsal room with our bands. I knew Paolo for his webzine-blog Komakino, and for his bands Sea Dweller / My Violent Ego

Paolo: I met Marco after a show of Sea Dweller in Rome, and Alessio in his studio several years ago, where I went to see La Calle Mojada to rehearsal. They were all very friendly with me. Later, La Calle Mojada and Sea Dweller made some gigs together, so, it was fun to get along.

 

  • Who is the central figure of the band?

Alessio: there is no central figure: it's like a triangle where every angle has its importance

Marco: I think guitar sound and the reverb that comes out..

Paolo: Yeah, we are a guitar driven thing, fuzzed out and blessed with a noisy vibe.

 

  • What is the meaning behind the band’s name?

Alessio: In the 70's and 80’s, the forbidden dream of italian people from big towns like Rome was to own a seaside house. It refers to something about holiday, childhood, and bittersweet happiness.

Marco: a concrete possibility to escape, for all.

 

  • Please talk a bit about the history of the band.

Marco: the true history is the one that hasn't been written yet

Alessio: I started to write songs  and I wanted to have my own band.  So I invited Marco and Michele (Toffoli) to join me, they were both former members of La Calle Mojada.  After a while, Michele quit to work on his own music project, so we needed a new drummer.  One night me and Marco saw Paolo playing drums in a gig, - we already knew him for playing the guitar in Sea Dweller and My Violent Ego, and we thought: perfect!

 

  • Who are some of the support members and guest musicians you work with?

Alessio: Michele Toffoli, our ex drummer, performed drums on CD Girl, alongside with Andrea Novelli, an old time friend of mine (and keyboardist for Snow in Mexico).  Livia just sang additional vocals on other 2 songs (I Don’t Want To and At All).  Michele Pollice (former guitarist of La Calle Mojada) is helping us for incoming live shows.

 

  • What kind of bands were you in before?

Alessio: I played in a emo-post rock band, many years ago.

Marco: I played in a dreampop band named La Calle Mojada

Paolo: Sea Dweller, and, before, My Violent Ego: both shoegazing

 

  • What is your favorite movie and book?

Alessio: Mulholland drive by David Lynch, and Les Particules élémentaires by Michel Houellebecq.

Marco: L'Atalante by Jean Vigo and Camere Separate by Pier Vittorio Tondelli.

Paolo: Naked, by Mike Leigh, and Budapest, by Chico Buarque.

 

  • Why did you work with Dave Cooley for mastering?

Alessio: I worked with Dave Cooley because he did an M83 record that I liked very much.  Getting in touch with Dave has been very interesting, for me, as a sound engineer.  He's a pro and he respects music.

 

  • What are your favorite pedals?

Alessio: Boss TU-2: it's very useful and reliable.

Marco: Electro Armonix Big Muff U.S.A. : totally anarchist and out of control..

Paolo: my kick pedal

 

  • I think 'M' is a very mysterious title.  What was the inspiration for the title?

Alessio: Sorry, I can't answer this

Marco: She's a mystery.. 

Paolo: M is for Mystery

 

------

 

  • いつバンドを結成しましたか?

アレッシオ:  2012年に。

マルコ:それは美しい晴れた日でした

パオロ:  数年前、まだSea DwellerでギターをやっていたときにMarcoとアレッシオと音楽を作り始めました。

 

  • どのようにLa Casa Al Mareのメンバーと出会ったの?

アレッシオ:  互いのライブを見に行っていたので。

マルコ:  僕のバンドとAlessioのバンドは同じリハーサル部屋をシェアしていたのがきっかけです。Paoloとは彼がやっていたKomakinoというウェブジン/ブログと前のバンドのSea DwellerとMy Violent Egoを通じて知り合いました。

パオロ:  ローマであったSea DwellerのライブでMarcoに会いました。数年前La Calle Mojadaのリハーサルを見に行ったときスタジオでAlessioに会いました。2人とも凄く優しいと思いました。そのあと、La Calle MojadaとSea Dwellerが一緒にライブをして、交流するのは楽しかったです。

 

  • バンドの中心人物は誰ですか。

アレッシオ:  中心人物というのは存在しない。三角形の三辺ようにそれぞれが同じくらい重要なんだ。

マルコ:  人ではなく、ギターサウンドとリバーブが中心だと思っています。

パオロ:  うん、僕らはノイズに包まれたギターサウンドのかたまりみたいなもの。ノイジーなヴァイブと一緒にフワフワ飛んで祝福される。

 

  • バンド名にはどんな意味がありますか?

アレッシオ:  70、80年代イタリアでローマ等の都市に住んでいた人の夢は海辺に家を所有することでした。つまり休暇、子供時代、ほろ苦い幸福についてのことです。

マルコ:  誰もが持っている具体的な逃避の可能性です。

 

  • バンドの歴史を教えてください。

マルコ:本当の歴史はまだ書かれていないものです

アレッシオ:  僕は曲を書き始めて、自分のバンドを結成したいと思っていました。元La Calle MojadaのメンバーMarcoとMichele(Toffoli)を誘いました。しばらくしてから、Micheleが自分のバンドに専念するため脱退したので、新しいドラマーを募集し始めました。ある夜は私とマルコはパオロがギグでドラムを演奏しているのを観た。(我々はすでにSea DwellerとMy Violent Egoでギターを弾いている彼を知っていた)そして私たちは彼は相応しいと思いました。

 

  • サポートメンバーとゲストミュージシャンについて教えてください。

アレッシオ:  元ドラマーMichele Toffoliとずっと前からの仲間Snow in MexicoのキーボードAndrea Novelliは「CD Girl」で参加してくれました。Liviaは「I Don’t Want To」と「At All」でサポートボーカルをやりました。元La Calle MojadaのギターリストMichele Polliceはこれからライブサポートメンバーとして参加します。

 

  • 以前はどんなバンドをやっていましたか?

アレッシオ:  昔はエモ、ポストロックバンドで活動していました。

マルコ:  La Calle Mojadaというドリームポップバンドのメンバーでした。

パオロ:  My Violent Ego、そしてSea Dweller。両方ともシューゲイザーバンドでした。

 

  • お気に入り映画、本は何ですか。

アレッシオ:  David Lynchの「Mulholland Drive」とMichel Houellebecqの「Les Particules élémentaires」。

マルコ:  Jean Vigoの「L’Atalante」とPier Vittorio Tondelliの「Camere Separate」。

パオロ:  Mike Leighの「Naked」とChico Buarqueの「Budapest」。

 

  • なぜDave Cooleyをマスタリングに起用したのですか?

アレッシオ:  Dave Cooleyがマスタリングを手掛けたM83のアルバムのマスタリングがとっても好きなんです。デイブと仕事をする事は私にとって非常に興味深い事なんだ。サウンドエンジニアとして。彼はプロだし、彼は音楽を尊重します。

 

  • あなたのお気に入りのエフェクターは何ですか?

アレッシオ:  Boss TU-2.  とても役立つし信頼できるペダルです。

マルコ:  Electro Harmonix Big Muff U.S.A.  とんでもなくアナキスト。混沌とします...

パオロ:  僕のキックドラムペダル。

 

  • 'M'は非常に神秘的なタイトルだと思います。あなたは何にインスピレーションを受けましたか?

アレッシオ:  申し訳ないけど、僕はこれに答える事が出来ません。

マルコ:  謎に包まれている、、

パオロ:  MはMysteryのMです。

 

 

Interview - HANDS AND MOMENT

Translation - Matthew Bedford and HANDS AND MOMENT